アカデミー研修委員会

山田康博相模原青年会議所
アカデミー研修委員会 委員長
山田 康博

基本方針

いつでも時代を先駆けるのは私達、青年であります。今年も多くの20歳から40歳の青年をメンバーとして迎え入れ、修練、奉仕、友情のJCの三信条を基に運動を展開致します。

時代の担い手となるJAYCEEが理想の社会を創造するためには、効率的な研修や学びの機会を提供し、効果的に成長することでLOMの最前線で活躍する経験値と説得力を持ち合せた、既成概念に拘らない開拓者精神をもった人財を育成する必要があります。

まずは、JAYCEEの基礎となる知識を得る為にJCIトレーニングコースや日本JC公式プログラムなどを活用した公開委員会を開催すると共に神奈川ブロックが開催する様々な研修にも積極的に参加する事で、効率よく効果的な研修を実施致します。そして、例年行われる神奈川ブロック大会の参加では、まだ参加した事がないアカデミーメンバーが事業に人を誘う難しさや積極的な参加に繋がる企画を考える事で渉外事業の楽しさや大切さを知り、出向先で活躍する仲間を見る事で更なるJC活動へのモチベーションアップの機会を創出致します。

そして、集大成となる卒業例会では、これまでの経験と学びを生かし、最大限のおもてなしの心と感謝の気持ちで卒業するメンバーを送りだします。今年も卒業していくメンバーがJCという学び舎に誇りを持ち、学んだ全てを継承し、それぞれの地域や業界に巣立っていく姿が思い描ける例会を構築致します。また、事業を行う過程で2つのアカデミー委員会が同志と切磋琢磨し、互いに刺激し合う事で学びを加速させ、組織力向上の好循環を生み出し、JAYCEEとしての成長とLOMの成長を図ります。

多くの学びと経験をしたメンバーが地域を豊かにする堅い決意と誇りを持つリーダーへと成長します。そして、まちづくりに積極的に取り組む一致団結した組織へ成長を遂げ、展開する運動を礎として次代への道を切り拓く相模原のニューフロンティアを目指します

事業計画

  1. 12月第一例会(卒業式)の企画・実施
  2. 9月LOM事業(ブロック大会)の参加動員
  3. 公開委員会(アカデミー研修)の企画・実施
  4. 卒業生記念品贈呈の企画・実施
  5. 日本JC公認・推奨プログラムJCI公式コースの企画・実施
  6. 神奈川ブロック協議会の事業への参加・動員
  7. 拡大委員会と連携したグローバルな会員拡大の実施
  8. 賛助企業、賛助会員拡大の実施
  9. サポーターズクラブ会員拡大の実施
  10. 委員会出席100%を目指す取り組み
  11. 例会出席率80%を目指す取り組み
  12. 市内協働事業への協力