防犯・防災委員会

金澤 文雄相模原青年会議所
防犯・防災委員会 委員長
金澤 文雄

基本方針

相模原市の年度別刑法犯罪認知件数は、ほぼ横ばいに推移しています。犯罪に対し監視カメラ等、技術は進化しているものの、さらに犯罪を抑止するには、地域社会と一体となり取り組む必要があります。また、尊い命が奪われる自然災害は、あらゆる経験や情報が蓄積した現代においても、いつ起こるかわかりません。

そこで地域のリーダーである我々が突然起こる犯罪や災害に備え、今後も安全・安心に暮らせるよう努める必要があります。

まずは、近年発生している地域の犯罪と防犯に対する調査、傾向を学習する事で、最新の防衛手段を検証します。そして、青年会議所が先頭に立つ事で、地域住民が積極的にコミュニケーションを取れるような運動を発信してまいります。さらに、相模原市には防災メール・子ども110番・ラジオ等の素早く正確な意思決定をするための情報伝達手段があります。地域の安全・安心力を向上するためは、公的機関による活動のみに委ねるだけでなく、自分たちのまちは自分たちで守るという意識の下、各種団体と連携を図りながら、市民に広域的に浸透するような広報活動を積極的に展開します.

また、平素から市民が当事者意識を持って行動することで、防災力が向上し、災害の減災に努めます。さらに、初動態勢の強化・迅速な状況判断が両輪となることで危機意識が向上し、防犯・防災対策が浸透する学ぶ機会を設けることで、我々が運動発信のフロンティアとなり、基盤整備を一層推進します。そして、活動地域が互いに身近な生活圏・商圏でもある3LOM合同事業を実施することで、メンバー同士の相互理解を深め、事業を構築し牽引してまいります。

本事業を通じ、防犯・防災に日頃から意識が向上することで、共助の一助となります。そして地域から必要とされる団体として発展を遂げ、市民の生命と財産の被害を最小限度に止め、だれもが安全で安心して暮らせる防犯・防災のニューフロンティアを創造します。

事業計画

  1. 11月第一例会(防犯・防災)の企画・実施
  2. 3LOM合同事業の企画・実施
  3. 10月第一例会(合同フォーラム)の協働・実施
  4. 安心して暮らせる地域を創る運動
  5. 地域の犯罪と災害に関する調査と検証
  6. 拡大委員会と連携したグローバルな会員拡大の実施
  7. 賛助企業、賛助会員拡大の実施
  8. サポーターズクラブ会員拡大の実施
  9. 委員会出席100%を目指す取り組み
  10. 例会出席率80%を目指す取り組み
  11. 市内協働事業への協力