広報発信委員会

安達裕也相模原青年会議所
広報発信委員会 委員長
安達 裕也

基本方針

現在の日本は、情報技術の進化により、個人や団体を問わず、手軽にかつ、即自的に各々がメッセージを発信、そして受信できる時代となりました。相模原青年会議所は日々、市民意識変革のために様々な運動をしていますが、十分な広報力を持って、発信ができていないため、その運動の効果を最大限に発揮できておりません。まちづくりの先駆者として市民に慕われ、メディアや企業により多くの共感を産む広報力を備える必要があります。

まずは、広報発信の本質かつ原点とも言える「知らない人に知ってもらう」ことを念頭に置き、JCの知名度アップと、ブランド力の強化を目指してまいります。そして、団体の第一印象でもあるホームページの運用方法も含め、変化と進化を試みます。

年齢や属性を問わずより多くの閲覧者数の獲得のため、更新頻度の向上と、年間通して行われる事業を、集客したいターゲット層に届く工夫を凝らした視覚的にも楽しく、活発なイメージで展開してメディアや各種SNSを利用できるツールとして駆使し、ホームページへ誘導します。さらに、ホームページに辿り着くための有効的な手段として、サポーターズの運用方法もブラッシュアップし、更なる会員の拡大を各委員会と連携し行います。

また、対内の広報にも重視し、出向者からの情報を共有することで、メンバー内での意識統一やLOMにはない、外部の魅力や技術を知り個々の視野を広げてもらいます。そして事業では、老若男女が自らのスマートフォンでJCについて検索したくなる、市民を巻き込んだ、JCを知ってもらう、をテーマとした独創的な発信力の事業を実施し広報力を強化致します。

時代に即した広報発信の手段によって、メンバーの参画意識と運動の効果を最大限に高めます。あらゆる世代の市民が、JCの運動に対し理解を深めるとともに、慕われるJCとして、JCブランドの価値を高め、相模原のニューフロンティアを開拓してまいります。

事業計画

  1. 5月第二例会(運動発信)の企画・実施
  2. 10月第一例会(合同フォーラム)の協働・実施
  3. 10月LOM事業(出向者報告会)の企画・実施
  4. LOM各事業広報全般の企画・実施
  5. HP及びSNSページの作成・更新・管理
  6. サポーターズクラブ拡大推進・更新・管理
  7. 会員用メーリングリストの管理
  8. 出向者支援
  9. LOMスケジュールの管理・周知
  10. 諸会議の設営
  11. 拡大委員会と連携したグローバルな会員拡大の実施
  12. 賛助企業、賛助会員拡大の実施
  13. サポーターズクラブ会員拡大の実施
  14. 委員会出席100%を目指す取り組み
  15. 例会出席率80%を目指す取り組み