地域の特性を活かした「まちづくり運動」を展開しています

相模原市の発展と共に

私たちの運動のスタートは、半世紀前に遡ります。

1965年に相模原市内の青年有志によって相模原青年会議所は発足しました。翌年、社団法人日本青年会議所より、日本で316番目の青年会議所として認められ、相模原のまちづくり団体として半世紀を歩んでいます。また2011年には公益社団法人格を取得し、より公益性の高い例会事業を行っています。そして2015年には、創立から50年という節目の年を迎えました。

例会と委員会

私たちの活動は、月に1~2回程度開催される「例会」と「委員会」を中心にして行われます。主に市民向けの公益事業であるまちづくり運動と、それを担うひとづくり運動である研修事業などがあります。また選挙のときには公開討論会などの投票率向上や市民の政治への関心を高める運動を実施し、行政改革などの社会的問題にも精力的に取り組んでいます。

近年では市民が「郷土愛(シビックプライド)」を育み、前向きな意識へと変革するため、学生や次世代を担う若者を多く巻き込み、市民や諸団体、行政と協働しながら運動を展開しています。

青年会議所には、「品格ある青年」であれば、個人の意志によって入会できます。ただし20歳から40歳までという年齢制限を設けています。

これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。そのため会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。

この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源となっています。

各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。
会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。

青年会議所における様々な実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。

たとえば地域経済人はもちろん、国会議員や地方議員などの政治家や、企業経営者、あるいはNPOなどの非営利組織など多くの人材を輩出し、現在も日本の各界リーダーとして活躍中です。

「相模原市民桜まつり」実行委員長は、相模原JCの理事長です

今年で43回目を迎える相模原市民さくらまつり(若葉まつり)は、昭和49年(1974年)に市制施行20周年を記念して、相模原青年会議所が中心となって始められました。
現在も相模原青年会議所の理事長が実行委員長を務め、市民や市民団体とともに市民まつりの運営に携わっています。

また、相模原市長選に際して、立候補予定者の公開討論会を開催し、投票率の向上や選挙を通じた行政への市民参画の意識向上につとめています。