3月のメッセージ

日頃より、青年会議所の運動に多大なるご理解とご協力まことにありがとうございます。

寒かった2月も終わり、梅の花が咲く3月となりました。花粉も飛び始め、徐々に春の訪れを感じます。私たち、相模原青年会議所も休むことなく日々この相模原のために、ニューフロンティア~ひとり一人がこのまちの開拓者たれ~のスローガンの下、さまざまな運動を積極的に推進しています。

2月はゴルゴ松本氏をお呼びして、地域の大人の親力をテーマにご講演をいただいたのと同時に4月から始まるさがみはらクラブの事業説明会もおこないました。地域の子ども達の居場所を作る運動であるさがみはらクラブと地域の大人の親力が車の両輪となり、青少年育成に対する運動を進めてまいります。

また、2月第二例会としまして、会員による通常総会が開催されました。この総会は2017年度の事業報告と決算の承認を諮る大変重要な例会でした。無事にすべての議案が全会員より承認され、昨年度からのバトンが力強く継承されました。

さて、今月にはさっそく3日に国際交流委員会が担当する例会「YOUは何しにサガミハラへ」が開催されます。市民の皆様と相模原に縁のある外国人の方々との交流を図る事業であり、相模原JCとしては初めてとなる民間外交による例会となっております。

また、3月23日には拡大事業として「ビジネスマッチング~さがみはらコミュニティ春の出会い~」が開催されます。この事業は相模原青年会議所で初めてのビジネスマッチング事業で、より多くの方にビジネスをきっかけに青年会議所を知ってもらおうという趣旨のもと企画されました。

それぞれの例会や事業にご興味がありましたら、ぜひお越しいただけたらと思います。まだまだ寒い日が続いておりますが、お身体にはご自愛をいただきまして3月のご挨拶とさせていただきます。今月も相模原JCを引き続きよろしくお願いいたします。

公益社団法人相模原青年会議所
2018年度 第53代理事長
小山 龍次