地域教育推進事業(徳育)

徳育とは?申込の流れ資料ダウンロード
地域で子どもを育てる、地域で子どもが学ぶことができる、そうした双方向の取り組みを支えるのが、相模原青年会議所の地域教育推進事業です。 日本人の美徳、道徳観が世界で賞賛をうけている昨今、私たちが当たり前のようにできている「道徳的なこと」は、私たちの親世代が様々な対話、物語、授業、教育で教え込んでくれた宝物です。 次の世代の子供たちも「当たり前に出来る人間に育てること」、私たちはそれを「徳育」と名付け、社会経験豊富な地域の方々とともに、「日本固有の美徳」を子供たちに伝える徳育運動を推進していきます。
1問い合わせ
下記のお問い合わせフォーム、またはお電話・メールにてお問い合わせください。

  • 相模原青年会議所 地域教育推進委員会
  • TEL090-4945-4674(山下)
  • EMAILyamashitam2@gmail.com
2内容等の打ち合わせ
日程・規模・程度・内容のお打ち合せを行います。
3徳育プログラム開催
※原則、開催までの準備期間は1ヶ月を頂戴しております。

地域教育支援パッケージ資料をダウンロードしていただけます。

資料ダウンロード(PDF 1.4MB)

印刷用資料ダウンロード(PDF 9.6MB)

プログラムを実行する側になりませんか?

プログラムの構成

徳育プログラムは、学校授業(45分/1時限)に合わせて時間設定をしております。家訓づくりプログラムで、親、祖父母、先祖、からの流れを感じた後に、同じ地域に存在した偉人伝を紹介します。

家訓づくりプログラム

日本には古くから、子孫に残す教訓や戒めなどを「家訓」として残してきた歴史があります。現代でも旧家や、老舗企業の社訓として、その形跡をみることができます。家訓がある家庭には、先祖から続く価値観が継承されていることで、家族の中の軸がしっかり保たれ、子育ての中でも躾や道徳心を身につけるたくさんの効果があるといわれています。この効果に着目し、家訓づくりをサポートするプログラムです。

目的
「徳溢れる心」を醸成する
効果
責任感溢れる青少年育成に繋げる
実施時間
35分
実施人数
1名〜100名
実施対象
小学生・中学生
タイムスケジュール
内容 詳細 時間
モジュールⅠ 導入フェーズとして、徳溢れる心の必要性を喚起します。 5分
モジュールⅡ 回想フェーズとして、ご先祖さんご縁シート」を書き出す。ワークショップを通じて、ご先祖さんの確認と、エピソードを書き出します。 10分
モジュールⅢ 探求フェーズとして、「親からのメッセージ」10個を書き出すワークショップを通じ、自分の価値観を見つめなおします。 10分
モジュールⅣ 作成フェーズとして、家訓づくりの実践、親からのメッセージや家訓の実例などを参考に、家訓づくり、家訓の唱和をします。 10分
計:35分

持ち帰り、親子で家訓が唱和され、徳溢れる心が醸成されます。

地域の偉人伝プログラム

偉人の半生を紙芝居で学び、共感した偉人の生き方を手本にし、子どもたちに明確な目標を持たせる効果が期待され、自分自身の行動規範をつくります。人は人でしか学べません。そして、明確に「こんな大人になりたい」言える子どもは強く健やかに成長できるプログラムです。

目的
偉人教育の重要性を再認識し、過去の偉人を知ることで「日本が大好き」な子どもたちを育成する
効果
過去の偉人たちの苦労や苦難を乗り越えることを知ることで、逞しい子どもたちの育成につなげる
実施時間
10分
実施人数
1名〜100名
実施対象
小学生・中学生
タイムスケジュール
内容 詳細 時間
モジュールⅠ 導入フェーズとして、偉人の必要性を喚起します。 2分
モジュールⅡ 偉人の半生を紙芝居で伝え、子どもたちに共感出来る部分をみつけさせます。 8分
計:10分

お問い合わせフォーム

学校・団体名
部署・役職
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
住所
対象の人数
お問い合わせ内容

※個人情報保護方針は、こちらの情報公開よりPDFにて公開しております。お客様より頂いた個人情報は厳重に管理し、本来の用途以外での利用はしておりません。